レビュアーログイン

メールアドレス

パスワード


ゲームタイトル検索


主なメニュー
機種別ゲームソフト

レビュアー登録はコチラ パスワードを忘れた方はコチラ

その他メニュー

もし購入するゲームが
無ければこちらで

ゲームランキングストア

ファッションなども
購入したい場合はこちらで

ファッションストア

駿河屋 駿河屋

ゲーム各種完全攻略への道!

アナザーコード:R 記憶の扉

タイトル アナザーコード:R 記憶の扉
発売日 2009年2月5日発売予約可能 アナザーコード:R 記憶の扉
新品価格:なし 中古価格:なし by Amazon
ハード Wii
開発メーカー -
発売メーカー 任天堂
販売価格 5,800円(税込)
ジャンルADV
販売本数-
ゲーム紹介DS発売直後にでたミステリーアドベンチャー。その続編となる。
本作では、前作の2005年から2年後の2007年の8月へと舞台を移し、16歳の主人公アシュレイが、幼いころの記憶をたどって、13年前に亡くなった母の死の真実に迫る。

●ストーリー
16歳の夏休みに、離れて暮らす父親からキャンプへの招待状が届いた主人公のアシュレイは、戸惑いながらもキャンプ場のあるジュリエット・レイクへと向かう。
目的地に着くなり何者かにカバンを盗まれてしまうが、たまたま出会った森林警備隊のダンの助けにより、父親と半年振りに再会を果たす。しかし、そこでアシュレイは亡き母・サヨコとの記憶が次々とよみがえるという不思議な感覚におそわれる??。
公式サイトhttp://www.nintendo.co.jp/wii/rnoj/index.html
レビュー平均点 21.0/25点満点中
備考 用語ヘルプはこちら

※ソフトのレビューにはレビュアー登録が必要です

レビュアー フロドさん
グラフィック ☆☆☆☆☆ サウンド ☆☆☆☆☆
システム ☆☆☆☆ 操作性 ☆☆☆
面白さ ☆☆☆☆ クリア クリア済み
プレイ時間 1周クリアで20時間程度 点数 21/25点満点中
ランク このジャンルが好きなら優ゲー
良い点 DSをまさにフル活用した仕掛けで話題となった、アナザーコード - 二つの記憶の続編。
開発はDS版に引き続きCingが担当。今作は謎解きよりもストーリーの良さが際だち、非常に密度が濃く、ボリューム満点。ダメ親父っぷり爆発のリチャード、最初はむかつくものの、いつのまにやら魅力いっぱいになってしまうたくさんの登場人物達が、表情豊かに、ある湖の畔の出来事を織りなす
また、前作のDASがDSiにパワーアップ、さらにあのアイテムも登場する

○非常によい雰囲気、良くできたストーリー
あいかわらずCingの独特の透明感、ふんわりとした良好な雰囲気は非常に心地よいプレイ感をもたらしてくれる。
アナザーにまつわる緊迫感あるストーリーに、前作のディーと同様、もう一つの悲しいストーリーが交差する。よもやアナザーのストーリーで何度も涙することになるとは思いもよらなかった

○美しいグラフィック、音楽
Cingの魅力の一つが非常にセンスの良いグラフィックス。DSでも独特のタッチで世界観を描いていたが、今作は据え置きに移ったこともあって、それがさらに劇的にグレードアップした。フォトリアルではないが、イラストタッチの3Dフィールドは非常に美しく、これまた良くできた音楽とともに、世界観を見事に表現している。
また、今作ではマップ間の移動にとても面白い表現、仕掛けを取り入れている。これがまた世界観と非常にマッチしており、とても楽しい

○魅力的なキャラクター
また人物も、人間味にあふれた登場人物ばかり。グラフィックスも、まさにDS版のイラストがそのまま動き出したような見事なモデリングで、さらにアニメーションの様になめらかに、表情豊かによく動く。これが出来の良いストーリーと相まって、没入感、感情移入をさらに深めてしまう。
すっかり女の子らしくなったアシュレイとマシューのコンビがかわいすぎます

○良質な謎解き、仕掛け
これぞアナザー!と思わざるを得ない突拍子もない仕掛けがやはりたくさん仕込んであり、いちいち感心してしまう。T? Tってなんだよ!と、つい叫びたくなる。勢い余って、取説にまであちこちに仕掛けを施す始末。しかしWiiコンが直感的すぎるせいか、ホントに大概の謎解きが直感で解ける。個人的にDASを使った仕掛けはホントに感心した。
また、コネクトをつかったプリンセスとの再会シーンは、見落としやすいが名シーンで必見


非常に良くできたストーリーで、また、すべてを語り尽くすのではなく、想像の余地を残しているところもCingのアドベンチャーらしい。ゲームが終わった後、あれこれ想像するのがとても楽しい。またこれもお約束だが、2周目まではプレイするとちょっとよいことがある。
前作、あるいはウィッシュルームの雰囲気が好きな人には無条件に勧めたい

本作はDSアナザーのキャラはほとんど出演するが、よく見るとウィッシュルームの連中もちょい役でゲスト出演している。この辺の芸の細かさ、さすが。
悪い点 ○謎解きが少ない
さすがCing,質は高く、中には激難易度の物もあるが、謎解きの数自体が少なく、もう少したくさん欲しかった印象がある。

○操作性
移動の際はポインティングで移動するのだが、画面の端をポインティングしないと移動しない。ポインティング領域を広くして、そのかわりA+ゼスチャーで移動とか、もう少し動きやすくして欲しかった

あと、つまむのはA+Bがよかったなあ・・・

○選択肢に意味がない
会話のあちこちに選択肢が登場するが、あってても間違ってても会話は普通に進行する。ウィッシュルームみたいにせめてペナルティでもないと、リアクションの薄いゲーム性はつまらない
総評 0
購入 アナザーコード:R 記憶の扉現在の新品価格:なし
現在の中古価格:なし
この商品ページへ飛んだ人数:592人
一般投票です。賛同・批判及びコメント可能ですが、レビューランキングには反映されません。
賛同する?
批判する?