レビュアーログイン

メールアドレス

パスワード


ゲームタイトル検索


主なメニュー
機種別ゲームソフト

レビュアー登録はコチラ パスワードを忘れた方はコチラ

その他メニュー

もし購入するゲームが
無ければこちらで

ゲームランキングストア

ファッションなども
購入したい場合はこちらで

ファッションストア

駿河屋 駿河屋

ゲーム各種完全攻略への道!

BBS7.COM
MENURNDNEXT

かんたん相互リンク

スプリガン mark2 リ・テラフォーム・プロジェクト

タイトル スプリガン mark2 リ・テラフォーム・プロジェクト
発売日 1992年5月1日発売スプリガン mark2 リ・テラフォーム・プロジェクト
ハード PCエンジン CD-ROM
開発メーカー -
発売メーカー ナグザット
販売価格 6,800円(税別)
ジャンルSTG
販売本数-
ゲーム紹介自機は、後方にも攻撃が可能なシューティング。
スタート時、武器は1種類だが、後半ではさまざまな武器が使えるようになる。
ゲーム中にメッセージ表示がされるなど、ドラマチックな演出も楽しめる。
VC対応2009年1月13日発売 価格:800Wiiポイント
公式サイトhttp://vc-pce.com/jpn/j/title/spriggan2.html
レビュー平均点 20.0/25点満点中
備考 用語ヘルプはこちら

※ソフトのレビューにはレビュアー登録が必要です

レビュアー ザギリスさん
グラフィック ☆☆☆☆ サウンド ☆☆☆
システム ☆☆☆☆☆ 操作性 ☆☆☆☆
面白さ ☆☆☆☆ クリア クリア済み
プレイ時間 12時間 点数 20/25点満点中
良い点 <概要>
軍隊もののステージクリアー型シューティングゲーム。発売当時は、どんなジャンルでもイベントシーンを取り込もうとした結果いまでも遜色ないゲーム性を有した作品となった。確か製作はメサイヤだったと記憶している。

<ストーリー>
物語中盤での自機乗り換えイベント、地球降下作戦等華のあるイベントが中だるみしそうな所に効果的に配置されている。また、内容もかなりワクワクする。

<システム>
最初の頃は、装備が変えることが出来ないのだが、ステージが進むにつれ追加パックという概念で選択可能となる。レーザーが強い。シールド性に優れる。スピード重視等個性豊かである。

<操作性>
ステージ中にイベントがあるためイベント中は操作できなくなるが、気になるほどでもない。

<グラフィック>
当時の技術では最高峰であろう。
悪い点 当時としては、ソフト値段が高く購入するか戸惑ったものである。また前作と比べて世界観も大幅に変わったためシリーズファンというのを獲得できなかったのではないだろうか?
若干、シューティングとしての難易度が低いと感じる
総評 0
一般投票です。賛同・批判及びコメント可能ですが、レビューランキングには反映されません。
賛同する?
批判する?