レビュアーログイン

メールアドレス

パスワード


ゲームタイトル検索


主なメニュー
機種別ゲームソフト

レビュアー登録はコチラ パスワードを忘れた方はコチラ

その他メニュー

もし購入するゲームが
無ければこちらで

ゲームランキングストア

ファッションなども
購入したい場合はこちらで

ファッションストア

駿河屋 駿河屋

ゲーム各種完全攻略への道!

BBS7.COM
MENURNDNEXT

かんたん相互リンク

ジーザス

タイトル ジーザス
発売日 1989年3月17日発売ジーザス
ハード ファミコン
開発メーカー -
発売メーカー キングレコード
販売価格 5,900円(税別)
ジャンルADV
販売本数-
レビュー平均点 19.0/25点満点中
備考 用語ヘルプはこちら

※ソフトのレビューにはレビュアー登録が必要です

レビュアー ザギリスさん
グラフィック ☆☆ サウンド ☆☆☆☆☆
システム ☆☆☆☆ 操作性 ☆☆☆
面白さ ☆☆☆☆☆ クリア クリア済み
プレイ時間 10時間 点数 19/25点満点中
良い点 <概要>
パソコンアドベンチャーで文字入力式が主流だったときにコマンド選択式(この頃ゲームブックが流行っていた)の先駆けである。
また、主題は音楽。クリアーするときには誰でもオープニング曲の触りは弾けるようになっているのは原曲の単純さと耳残りが素晴らしいからであろう。
だが、ファミコン版は移植率が悪く(8bit機ゆえん)評価は低い。あくまで作品としてレビューする。

<ストーリー>
宇宙船JESASに残された船員が謎の変死を遂げる。感覚としては「エイリアン」に近い。

<システム>
当時のパソコンでは、主語と動詞を組み合わせたアドベンチャー進行スタイルしかなかった。
だが、これだとクリアーできない作品ばかりになってしまう。そこで、コマンド式を採用。だがこれだけでは飽きられてしまうため、ミニゲームを導入。音楽を演奏する等は、この当時でも今でも斬新だといわざるをえない。

<操作性>
カーソルでの操作で全てすむのだが、音楽を弾くときだけは、逆に使いにくかった。

<グラフィック>
ファミコンは劣悪。パソコン版では当時そんなには悪いとは感じなかった。

<未来>
この作品があったため、SFアドベンチャーというジャンルが確立されたといっても良い。その流れは受け継がれ「スナッチャー」から「ポリスノーツ」と進展していくことになる。
悪い点 とにかくファミコンの移植が悪かったため世間では評判が悪く。プレイした人がコンシューマーでは少ないというのが残念である。
そのため第二弾(未プレイ)もあるのだが、存在自体覚えている人は少ない。
総評 0
一般投票です。賛同・批判及びコメント可能ですが、レビューランキングには反映されません。
賛同する?
批判する?